定期的な脱毛が面倒な人必見!【脱毛に挑戦しよう】

レーザーで脱毛しよう

ワックス脱毛

レーザーの種類

永久脱毛を医療レーザー脱毛で行う場合、医療レーザー脱毛機器は大きく分けて4種類の中から選択することになります。それぞれの特徴を知って、自分に合っている機器を見つけることが大切です。どのクリニックでも全ての種類の脱毛機器を扱っているわけではありませんので注意しましょう。まず、永久脱毛を行う時に使用するレーザー機器に「アレキサンドライトレーザー」があります。永久脱毛で使用するアレキサンドライトレーザーは、アレキサンドライトという鉱石を使用したレーザー脱毛器の事を言います。他のレーザー脱毛機器に比べて波長が短いのでより選択的にメラニンにレーザーを当てることが出来ると考えられています。ジェントルレーズ脱毛器は脱毛機器の中でも効果が高く、照射面積が18cmと他のレーザーに比べて広範囲なのが特徴で、一度の照射で500円玉程度の大きさの脱毛を行うことが出来ます。また、アレキサンドライトレーザーは、脱毛だけではなくシミやアザの治療に使用されることもあります。次に、永久脱毛を行う時に使用する「ダイオードレーザー」があります。ダイオードレーザーは、メラニンだけに反応するレーザーが特徴で肌へのダメージが少ない医療レーザー機器として知られています。照射したレーザーは皮膚の表面を通過して毛母細胞のみにダメージを与えることが出来ます。また、レーザーの熱で毛根や毛母細胞を破壊するので再び毛が生えてくることがないと言われています。成長期の毛にしかレーザーは反応しないので、休止期の毛は毛周期を合わせて何度か施術を行う必要があります。永久脱毛を行う使用するダイオードレーザーの代表的な機器である「ソプラノ」は、毛を包んでいる組織である毛包に熱を溜めこませてダメージを与える仕組みで、毛の色に関係なく施術が出来ます。また、皮膚の表面にあるメラニンに反応しにくいのでレーザーによる火傷のリスクが少ないと考えられています。また、日本人の毛質に最も良く合うと言われている「ライトシェアデュエット」は、世界で初めて永久脱毛機器の許可を貰った機器で世界中で永久脱毛を行う際に使用されています。独自開発された吸引システムで皮膚を吸引し毛根を光源に近づけて施術を行うのが特徴です。「メディオスターNeXT」は、日焼けをした肌にも使用することが出来る医療レーザー機器です。毛が再生する元となるバルジ領域に作用することで再び毛が生えてこない状態にするのが特徴です。このレーザー脱毛は、クリニックと連携している脱毛サロンでも施術を受けることが可能です。しかし、脱毛サロンだと、クリニックよりも弱いレーザーでの施術になります。そのことをあらかじめ理解しておきましょう。

Copyright© 2019 定期的な脱毛が面倒な人必見!【脱毛に挑戦しよう】 All Rights Reserved.